診療録

7

【偽性女性化乳房治療】脂肪吸引量は平均◯◯cc

【偽性女性化乳房治療】脂肪吸引量は平均◯◯cc

脂肪による肥満が原因で、男性なのに胸がふっくら。そんな偽性女性化乳房の治療では、どれくらいの脂肪を吸引するのでしょうか? 吸引量の目安と仕上がりの状態をご紹介します。

女性化乳房の多くのケースが偽性

偽性女性化乳房
脂肪で全体的に膨らんだ胸

脂肪が原因で胸が膨らんでいる症状を偽性女性化乳房といいます。女性化乳房の症状で検査にこられる方の多くがこの偽性女性化乳房で、乳腺が発達した真性女性化乳房のゲスト割合は意外と少なめ。偽性女性化乳房の場合、最新の脂肪吸引機ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)などを用いた脂肪吸引治療になります。

標準的な偽性女性化乳房で吸引量600cc

胸の膨らみ
こちらは標準的な偽性女性化乳房の方の症例です
脂肪吸引量
脂肪吸引量は約600cc程度でした

偽性女性化乳房での脂肪吸引治療の際に、吸引する脂肪量は人それぞれですが、まずは目安として標準的な膨らみの大きさであるこちらの症例をご覧ください。この症例では、約600ccの脂肪を除去しました。

脂肪吸引量が多くても負担は少なめ

ベイザー脂肪吸引は、体への負担が少なく治療できるハイスペックマシンです。不要な脂肪を特殊な超音波で優しく遊離して吸引するため、無理矢理に脂肪を削ったり負担の大きな施術にはなりません。吸引による傷跡もほぼありません。

治療バレなし!

治療した翌日から普通にお仕事もできるので、誰にもバレずに治療することができるでしょう。術後のダウンタイムに腫れや内出血などの症状が伴いますが、洋服を着れば周囲には分かりません。

知恵まとめ
  • 脂肪で膨らんだ偽性女性化乳房は、脂肪吸引で治療する
  • 標準的な偽性女性化乳房の場合、約600ccの脂肪を吸引
  • ダウンタイムの負担は少なく、翌日から仕事も可能
関連するキーワード

上記と関連する記事

上記と関連するコンテンツ