診療録

  1. 女性化乳房、治療後のたるみ解消の秘策は「サーミタイト」
25

女性化乳房、治療後のたるみ解消の秘策は「サーミタイト」

女性化乳房、治療後のたるみ解消の秘策は「サーミタイト」

女性化乳房治療の基本は、乳腺の切除と脂肪吸引です。しかし、これだけではどうしても美しく仕上げることができないことがあります。それは胸のふくらみが大きく皮膚の「たるみ」が残ってしまう場合です。確かに、当院が採用するベイザー脂肪吸引にはかなりの引き締め効果が期待できますが、それにも限界はあります。そんなときに役立つのが、サーミタイトです。

サーミタイトは、どのように女性化乳房のたるみを解消するか

サーミ タイトは、サーミRFという、特殊な高周波の熱作用で皮膚を引き締める治療法です。タンパク質は、熱によって収縮しますが、サーミタイトはこの性質を活かした施術なのです。
方法は脂肪吸引と同様、まず患部にカニューレを挿入します。その上で、皮下から高周波の熱を照射して組織をタイトニング。これによって引き締め効果を発揮します。
また長期的には、肌質の改善も期待できます。熱でダメージを受けた皮下組織は、術後数週間かけて、細胞を修復すべく大量の成長因子を放出するのですが、これによってコラーゲンの生成が促進され、ハリのある肌に仕上がるのです。
従来のたるみ解消法と言えば皮膚の切除がメインでしたが、これはゲストの体の負担が大きく、術後も大きな傷が残ります。その点、サーミタイトならメスを使わないため負担も軽く、傷跡も小さくとどめることができます。

サーミタイト メカニズム 女性化乳房

女性化乳房における、サーミタイトの引き締め効果

ベイザー脂肪吸引とサーミタイトの併用で、実際どれだけのたるみ引き締め効果が得られるのかを、症例写真でお示しします。

男性の胸のたるみ引き締め症例①

乳腺の発達が原因の真性女性化乳房と、脂肪が原因の偽性女性化乳房の両方を合併する方です。体重もあり、皮膚のたるみが心配されたため、乳腺摘出術とベイザー脂肪吸引に加え、サーミタイトも併用しました。
写真は術後6ヵ月後との比較ですが、たるみもなく、しっかり引き締まっていることがお分かりいただけると思います。

女性化乳房 症例

男性の胸のたるみ引き締め症例②

この方も、真性女性化乳房と偽性女性化乳房を合併していらっしゃいました。術前からすでにたるみが強く出ていることがお分かりいただけると思います。
写真は術前に加え、術後1ヵ月と3ヵ月のものを掲載しています。1ヵ月後、たるみが一層ひどくなったように見えますが、サーミタイトの本領は、実は術後3~6ヵ月かけて発揮され、その後は効果が継続するという経過をたどります。

女性化乳房 たるみ 症例

たるみを残さない女性化乳房治療を目指して

女性化乳房治療は単に胸のふくらみを無くすだけでなく、見た目の仕上がりにもこだわりたいところ。THE CLINICでは、そのためのあらゆる施術を駆使します。今回ご紹介した、サーミタイトによるたるみ治療もその一つ。女性化乳房は治療したいけれど、術後の見た目(たるみ)がひどくなるのではと心配な方も、是非一度ご相談にお越しください。必ず最善の解決策をご提案いたします。

知恵まとめ
  • 女性化乳房は、乳腺摘出と脂肪吸引だけではたるみが残ってしまうことがある
  • サーミタイトは女性化乳房治療後のたるみ解消法として有効
  • THE CLINICは、サーミタイト併用が胸のたるみ解消に奏功した例を数多く経験
関連するキーワード