診療録

22

女性化乳房治療の秘密兵器“POWER X”の実力

女性化乳房治療の秘密兵器“POWER X”の実力

THE CLINICの女性化乳房の治療ではベイザーリポ(VASER Lipo)という脂肪吸引機をメイン機材として使用しています。しかし、これ1台ですべてをまかなえるわけではありません。脂肪の状態によっては専用のアタッチメント機材を併用することもあります。その一つ、POWER X(パワーエックス)を使用した症例をご紹介します。

今回の女性化乳房症例の背景

女性化乳房 マーキング 画像
術前のマーキング

症例は、胸の大きさが気になって来院された20代後半の男性です。ダイエットを行っても乳房だけは大きさが変わらず、お困りの様子でした。

女性化乳房の診断、その結果は?

エコー(超音波)検査で乳腺の発達が認められなかったため、脂肪の蓄積による女性化乳房(偽性女性化乳房)と診断。ベイザーリポによる脂肪吸引の適応症例ですが、事前のエコー検査で脂肪の線維化も確認できていたので、POWER Xの併用を選択しました。

偽性女性化乳房治療にPOWER Xを選んだ理由

POWER X 女性化乳房
POWER X

ベイザーリポは特殊な超音波で脂肪を線維質(血管や、索状物)から遊離し、脂肪のみを吸引しやすくする点が特徴です。ただ、女性化乳房の場合は、脂肪を繊維質が取り囲んでいるため、脂肪だけでは十分な吸引が得られません。この場合は線維組織も吸引した方がより望ましく仕上がります。POWER Xはそのために必要だと考えました。
POWER Xとはベイザー専用の電動ハンドピースです。ハンドピースとは、カニューレ(脂肪を吸引する細長い管)の持ち手部分。電動なので、作動時にはカニューレが回転します。回転しながら脂肪を吸引するので、よりきめ細かな吸引が可能になるのです。

POWER X、偽性女性化乳房への効果は?

女性化乳房 術中
吸引直後(右胸のみ)
女性化乳房 術後 画像
術後1週間

比較のため、片胸だけ吸引が完了した状態の画像をお示しします。向かって左胸が吸引後であることは一目瞭然ですよね。POWER Xを併用することで、取り残しなくここまでしっかり吸引できました。

術後1週間もすると、傷跡はだいぶ落ち着いてきます。もちろん胸も男らしくフラットな状態になりました。多少内出血の跡は残っていますが、これもあと1週間ほどすればきれいに消えるはずです。

知恵まとめ
  • 偽性女性化乳房の治療機器ベイザーには、専用の電動ハンドピース「POWER X」がある
  • POWER Xによって、線維化した脂肪まで隈なく吸引することが可能
  • 適材適所に機材を使い分けることで、より美しい仕上がりに
関連するキーワード

上記と関連するコンテンツ