診療録

18

脂肪吸引を使った女性化乳房治療 その痛みのすべて

脂肪吸引を使った女性化乳房治療 その痛みのすべて

THE CLINICの女性化乳房治療では、多くのケースで脂肪吸引を行います。脂肪吸引の術後に現れる最初の症状、それが痛みです。個人差があるのでなかなか程度をイメージできず、不安になる方も少なくありません。
ただ、痛みを抑える最新の脂肪吸引のメカニズムや麻酔、その体験談などについて知れば、少しはその不安が解消されるのではないでしょうか。

女性化乳房治療でご相談の多い、脂肪吸引の術後の痛み

女性化乳房 相談
無料メール相談にも痛みに関するご質問は様々寄せられています

「胸が出ていて、原因は脂肪のような気がしています。もしそうなら脂肪吸引をすると思うのですが、ベイザー脂肪吸引も従来と同じように管をゴリゴリ動かして手術するのでしょうか? 血管などを傷つけて、後々痛みがひどくならないか心配です。」
これは実際に寄せられたメール相談の内容です。この方のように、ダメージが少ないと言われているベイザー脂肪吸引でも、痛みを心配される方はいらっしゃいます。

「ベイザー脂肪吸引は痛みが少ない」の理由

確かに先端が鋭利なカニューレ(吸引管)で脂肪を削り取る従来の脂肪吸引に比べると、ベイザー脂肪吸引はかなり低負担です。なぜなら、吸引前に特殊な超音波で脂肪を組織から遊離させるため。ぶどうの房から実をふるい落とすイメージが近いでしょう。あとは先端の丸いカニューレで脂肪細胞を回収するだけなので、周辺組織へのダメージは最小限に抑えられます。
ただ、いくら従来に比べダメージが少ないとは言っても、手術なので痛みはゼロではありません。それでも、どのような痛みがどのくらい続くのかなどが分かっていれば、漠然とした不安を少しは拭えることでしょう。

脂肪吸引 ベイザー

痛みの期間:ピークは3日間、1週間でほぼ治まる

脂肪吸引の術後の痛みは、例えるなら“キツめの筋肉痛”。ゲストのお話しによると、個人差はありますが、その期間はだいたい1週間程度ピークは術後3日程だったと多くの方がおっしゃっています。

仕事復帰:仕事は翌々日からOK、連休利用で3~4日後も

THE CLINICのスタッフは実に7割近くがベイザー脂肪吸引の体験者です。その多くは翌日から仕事に戻っています。ただ、それは他のスタッフが脂肪吸引をした事実を知っていて理解があるからとも言えます。さすがに翌日は体への無理が否めませんので、事前のご相談でも1日は休養日を設けることをおすすめしています。痛みに弱い方は、金曜に1日だけお休みして3日後連休を利用して4日後に復帰など工夫されているようです。

痛みへの対処:ポイントは鎮痛薬とサポーター
サポーター 痛み
術後3日間は胸専用のサポーターで圧迫固定。痛みの早期緩和にも繋がります

ベイザー脂肪吸引の痛みの程度については、ほとんどの方が「鎮痛薬で対処できる範囲だった」と言います。特に男性の胸は女性化乳房だったとしても、太ももやお腹に比べれば脂肪は少ないもの。つまり、他の部位よりそもそもの痛みも軽いと言えます。
そうは言っても、痛みは外部刺激で増幅されるもの。胸専用のサポーターで、しっかり患部を守る対策も必要でしょう。ちなみに、THE CLINICではサポーターの無料レンタルも行っています。

痛みを隠す言い訳は、やはり……

脂肪吸引した事実は隠したいという方は多いのですが、痛みがあるとどうしても動きがぎこちなくなるもの。これをどう言い訳するかということも、ゲストはみなさん考えているようです。
最も多い言い訳は、やはり“筋肉痛”。痛みの種類が似ていることもあり、動きも似たようなぎこちなさ。カモフラージュには最適のようです。

脂肪吸引の手術中に痛みはある?

脂肪吸引の術後ほどではありませんが、手術中の痛みに対するご相談もメール相談には寄せられています。こちらについても、どのような対策をとっているか知ることで安心いただけるかと思います。

麻酔は針を刺す痛みだけ

どの麻酔を使用して脂肪吸引を行うかは、クリニックによって異なります。背中に針を刺して麻酔を導入する硬膜外麻酔や、呼吸まで人工的に管理する全身麻酔を採用するクリニックもあります。
そんな中、THE CLINICが選択するのは点滴タイプの静脈麻酔。麻酔に伴う痛みは、腕に点滴の針を刺すときの痛みだけです。

手術中は夢の中。痛みの記憶はまったくなし!

麻酔 静脈 手術

THE CLINICの脂肪吸引ゲストからいただいた体験談を見ると、多くの方が「麻酔から起きたら手術が終わっていた」というコメントを残しています。
静脈麻酔はだいたい導入開始5分後くらいで眠りに入ります。もし手術中に麻酔が切れたら……と不安になる方もいらっしゃいますが、ご安心ください。THE CLINICでは安全な一定量を継続して導入し続けることのできる、持続導入器を使用。これにより、手術中はずっと眠っているため、痛みの記憶はありません
ちなみに、麻酔薬も術後のキレが良いものを選んでいますので、頭痛や嘔吐などの副作用は起こりにくくなっています。

その他の痛みへの不安には体験談でお答え

吸引の痛みについて詳しくご紹介してきましたが、それでも不安は完全には拭い去れないでしょう。心配事にはスタッフがリアルな体験談でお答えしますので、お気軽にご相談いただくのが一番かもしれません。

知恵まとめ
  • 脂肪吸引後は、筋肉痛のような痛みが1週間ほどある
  • 脂肪吸引手術の翌々日から仕事復帰する人が多い
  • 眠っているうちに終わるので、手術中の痛みは覚えなし
関連するキーワード