診療録

  1. 女性化乳房だと思ったらかかるべきは何科?
11

女性化乳房だと思ったらかかるべきは何科?

女性化乳房だと思ったらかかるべきは何科?

日々寄せられる女性化乳房のお悩み相談。「何やら女性化乳房というものらしい」ということを知り、このサイトにたどり着く方がほとんどのよう。ファーストステップが分からないというのにもうなずけます。一般診療と美容外科の違いを中心に、その疑問を解消していきましょう。

女性化乳房は何科?

女性化乳房のエコー
どちらかの胸だけ真性というケースも

メール相談でよく質問されるのが、「何科で診てもらえば良いですか?」ということ。もちろん当院でも検査可能ですが、まずは近所の病院にという心情も分かります。
女性化乳房を治療するには、まず乳腺の発達した真性か、脂肪だけが膨らみの原因である偽性かの診断が必要です。この診断は見た目ではできませんし、乳腺の大きさには個人差があるため触診でも不十分。THE CLINICで治療した症例の中には、片胸だけ真性女性化乳房というケースもあります。
そのため、一般の病院の場合は、専門的な検査機器と診断経験のあるドクターのいる乳腺外科を選択するのが確実でしょう。

一般診療でも治療は可能?

このように、女性化乳房という病名を知っても、まずどうしたら良いかが分からない方がほとんどです。しかし中には、すでに乳腺外科で検査して女性化乳房と診断を受けたという方からご相談を受けることもあります。
乳腺外科でも乳腺切除は技術上もちろん可能ですが、ゲストの話を聞いていると、乳がんなどの悪性の所見がなければ経過観察とすることも。確かに、女性化乳房は胸が膨らむという外見的な問題はありますが、生死に関わるわけではありません。病気を治療することを目的とする乳腺外科では、珍しいことではないでしょう。

女性化乳房と美容外科

女性化乳房の男性が悩んでいる理由のほとんどは、その見た目についてです。生死に関わらなくても、胸のふくらみをどうにかしたいという方がほとんど。そういった方に美容外科が合っていると思います。残念ながら保険は利きませんが、乳腺切除と同時にいかに男らしい胸をデザインするかということまで考慮して治療法を考えるからです。

美容外科が選択する女性化乳房の治療法

美容外科と大きくくくりましたが、まず検査機器がないと治療は行えません。また、治療を行っていてもクリニックによって治療法は微妙に異なります。THE CLINICは男性ゲストも他院に比べて多いのですが(全体の3割というシェアは業界トップクラス)、その経験から導きだした見解をご紹介しましょう。

見た目を改善するなら●●での治療は必須!

ベイザー脂肪吸引機
THE CLINICでは脂肪吸引機器の中でも高性能なベイザー脂肪吸引を使用

女性化乳房は真性と偽性で治療法が異なりますが、美容的な立場からすると、脂肪吸引は治療に欠かせないと考えています。偽性の場合は原因が脂肪吸引なので当然なのですが、真性の場合は疑問を抱く方もいるかみもしれませんね。
理由は二つ。ひとつは、乳腺を切除しただけでは、乳輪付近だけが陥没してしまうのです。そのため、脂肪吸引で乳腺を保護していた周りの脂肪もきちんと除去し、胸全体のバランスをデザインします。
そしてもうひとつは、皮膚のたるみ予防です。乳腺を切除して膨らみを失った分、皮膚には余剰が生まれます。つまり、ハリがなくなり胸は下垂します。それを予防するために、皮膚の収縮を促す脂肪吸引テクニックを用いる必要があるのです。

知恵まとめ
  • 女性化乳房は乳腺外科でも診てもらえる
  • 膨らんだ胸の見た目にお悩みなら美容外科で治療可能
  • 女性化乳房の治療には脂肪吸引が必須
関連するキーワード

上記と関連するコンテンツ