美容外科のトラブルが深刻な問題に なっております(国民生活センターより)

THE CLINIC

乳腺切除法(真性女性化乳房)

  1. 女性化乳房 TOP
  2. 診療内容
  3. 乳腺切除法(真性女性化乳房)

真性女性化乳房の手術方法

真性女性化乳房の手術は、女性のように肥大した乳腺を取り除くことで、ふくらみを無くします。乳腺用エコーでの診断と乳腺や脂肪の状態をもとに、傷跡が目立ちにくい乳輪周辺や乳房下縁を5〜10センチ程度切開して、過剰に肥大している乳腺を切除する乳腺切除法を行います。また、乳がんの可能性を診断するために、乳腺外科医へ確認を行う流れで施術を行います。手術にかかる時間は60分ですので、入院の必要はなく、日帰りできます。
※乳腺のほかに余分な脂肪が過剰にある場合は、脂肪の吸引を行う場合もあります。

  1. 切開
    切開
    傷跡が目立ちにくい乳輪周辺や乳房下縁を5〜10センチ程度切開します。
  2. 摘出
    摘出
    過剰に肥大した乳腺切除をします。
  3. 縫合
    縫合
    施術時間は60分ほどで、入院せず帰宅できます。

手術の痛みと仕事への復帰

体への負担が少ない静脈麻酔法で眠っている間に手術を行います。静脈麻酔は一般外科手術などでも用いられる方法で、麻酔を注入後5分もすると気持ち良くなり、ウトウトと眠ってしまいます。手術中は一定量の麻酔を維持していますので、全く痛みを感じることはなく、体への負担がとても少ない方法です。眠っているため、緊張や恐怖感も一切感じることはありませんので、精神的な不安も取り除くことができます。
手術にかかる時間は60分ほどです。翌日のみお休みされる方もいますが、翌日からデスクワークは可能です。また、軽い運動は1週間後から行えます。

麻酔・手術・当日帰宅・約1週間後から復帰(※デスクワークや日常生活程度の動き)